労働安全衛生

従業員の健康促進

ニトリ健康保険組合

2013年、社員と家族の健康維持・増進と目的に、企業独自の「ニトリ健康保険組合」を設立しました。
充実した健康項目による健康診断、がん検診や人間ドック、インフルエンザ予防接種、歯科検診など多様な検診を組合員に実施しています。
保険事業としてはホームページに加え、新たに個人健康ポータルサイトを導入し、個人の健康診断情報や家族を含めた医療費情報の随時閲覧、各種健康情報の提供により社員のヘルスリテラシーの更なる向上をサポートしています。
またウォーキングキャンペーンや健康教室・健康教育などを、事業主や医師・保健師とコラボヘルス事業として実施。
各種検診と併せて皆さんの健康な生活を応援しています。

「健康経営宣言」と制定し「ホワイト500」にも選ばれているニトリグループと健康保険組合が一体となって、今後も従業員とその家族の健康づくりと支援していきます。

ニトリ健康保険組合の取り組み

  • 各検診が自己負担なしで受信できる
  • 節目人間ドック(35歳・40歳・45歳・50歳・55歳・60歳) ※40歳以上は自己負担なし
  • 婦人科検診(20歳以上)
  • 健康診断の実施(年1回、学生を除く全従業員対象)

「KENKO企業会」、「健康と経営を考える会」への参加

参加企業にて健康管理プログラム、ノウハウと学び合い、組織の活性化、社員満足度の向上など「従業員の健康と維持、増進するために、会社と健康組合が一体となって、如何に効果的、かつ効率よくその仕組みを構築し、増やしていくか」について検討、議論を重ねています。

「健康経営宣言」の制定

ニトリは、従業員とその家族の健康増進のため、2016年4月1日に、「健康経営宣言」を制定しました。「住まいの豊かさを提供する」をロマン(志)とするニトリグループは、従業員が働きやすい職場環境づくりやワークライフバランスの充実、心身の健康確保に取り組むほか、健康関連事業を通じて社会の人々の健康に貢献していきます。

健康経営宣言

ニトリグループは、従業員の健康を重要な経営資源のひとつであると考えます。
グループのロマンとビジョンの達成と、従業員の自己実現のため、会社、労働組合、健康保険組合が一体となって従業員とその家族の健康づくりを支援していきます。

ニトリ・ヘルス・ケアサークル

従業員の健康維持・増進のための全社横断の小集団活動です。健康的な生活習慣を身につけるために、体質改善コンテスト、ウォーキングキャンペーンや健康教室などのさまざまな健康イベントを企画・実施しています。

職場診断アンケートの実施

従業員の働きやすい職場づくりのために、年1回職場診断アンケートを実施しています。