経営戦略

「2032年、3,000店舗・売上高3兆円」に向けた
3つの重点方針に取り組んでいます。

当社グループは、「住まいの豊かさを世界の人々に提供する。」というロマンを実現するために、中長期ビジョンである「2022年1,000店舗、2032年3,000店舗」の達成に向けた経営戦略を策定しております。主な内容として、2013~2022年の10ヵ年テーマに「グローバル化と事業領域の拡大」を掲げ、そこに至る戦略として、2018年~2020年は「海外高速出店と成長軌道の確立」、2021年~2022年は「グローバルチェーン確立に向けた経営基盤再構築」に努めてまいります。
中長期経営計画の達成に向けた取り組むべき課題として、1)「グループ成長軌道の確立と新たな挑戦」、2)「お客様の暮らしを豊かにする商品・店・サービスの提供」、3)「グローバルチェーンを支える組織と仕組み改革」の3つの課題を設定し、全社横断的に課題に取り組むことでグローバル企業としての経営基盤を確立するとともに、より一層の企業価値の向上に努めてまいります。
当社グループは、以上のような中長期経営計画の達成に向けた諸施策を実行することにより、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に邁進していく所存であります。

2013年~2022年 10ヵ年テーマ
「グローバル化と
事業領域の拡大」

企業価値向上の取り組みについて

ニトリグループでは、成長に向けた積極的な投資を行うことで、継続的に利益を確保・増大することを目指しており、この考え方に基づき、これまで34期連続の増収増益を達成しています。また、過去5年間の平均ROEは15.0%の水準にあり、常に資本効率を意識しながら企業価値の向上に努めるとともに、17期連続で増配を実施するなど、積極的な株主還元にも努めています。

今後も、これまでの取組みを踏まえ、成長投資を行いつつ、高いROEの水準を維持するとともに、積極的な株主還元に努めていきます。

なお、ROEをはじめとする中長期の具体的な数値目標については、業種を超えたグローバル競争の激化が予想されるなか、ニトリグループでは、成長投資・資本効率・株主還元のバランスを柔軟に変化させながら、その時々で最適な経営戦略をとるべきと考えているため、現時点においては公表していません。

ニトリグループは、いかなる経営環境の変化にも対応しながら、継続的かつ持続的な成長を実現していきます。

2021年度 業績予想

連結売上高:8,736億円

連結営業利益高:1,439億円

2021年度 重点課題

2021年度 グループ重点課題5項目

  1. 日本国内の寡占化、デスティネーションストア化の加速
  2. 海外事業規模拡大の踊り場からの成長再加速
  3. 物流・IT・組織を中心にニトリのビジネス基盤を変革
  4. 製造物流IT小売業を活かしたサスティナビリティ活動と社内外への浸透
  5. 島忠との経営統合による早期シナジー実現

本Webサイトには、当社および関係会社の将来についての計画や戦略、業績に関する予想および見通しの記述が含まれています。これらの記述は過去の事実ではなく、当社が現時点で把握可能な情報から判断した仮定および所信に基づく見込みです。また、経済動向や個人消費、市場需要、税制や諸制度などに関わるリスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は当社の見込みとは異なる可能性のあることをご承知おきください。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。